News

2021.10.20

スリーシェイク、スマートコントラクト診断サービスをリリース

セキュリティサービス Sreake Security(スリークセキュリティ)を提供している株式会社スリーシェイク(本社:東京都新宿区、代表取締役:吉田 拓真、以下スリーシェイク)はブロックチェーンを対象とした脆弱性診断サービス「スマートコントラクト診断」をリリースいたしました。

サービスURL:https://security.sreake.com/diagnosis/smart

一度ブロックチェーン上にデプロイしたスマートコントラクトは後から修正することができません。
全世界に公開されたスマートコントラクトに脆弱性があった場合、攻撃者に晒され続け不正な操作をされてしまうなどの危険性が極めて高いです。
そのため、リリース前にいかに脆弱性をなくすかがとても重要です。

Sreake Securityのスマートコントラクト診断では独自の診断項目から各種脅威を想定し、スマートコントラクトに対する診断を実施します。
主に海外で利用されるセキュリティプラクティスをもとに独自の診断項目を設定し、診断を実施いたします。

【株式会社スリーシェイク】

スリーシェイクは「テクノロジーを価値に変え、社会の根幹を支える」を掲げ、2015年に設立したテクノロジーカンパニーです。
社会の根幹を支えるイノベーティブなプロダクトを連続的に生み出すことをミッションに、汎用性の高いインフラシステムの開発・提供をしています。

会社名   :株式会社スリーシェイク
代表者   :代表取締役 吉田 拓真
所在地   :東京都新宿区大京町22-1グランファースト新宿御苑3/4F
事業内容 :SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」運営
データ連携プラットフォーム「Reckoner(レコナー)」開発・運営
セキュリティ診断サービス「Sreake Security(スリークセキュリティ)」運営
フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」開発・運営
会社HP  :https://3-shake.com/

ご依頼・ご相談など
こちらからお問い合わせください

お問い合わせ